300 (35)_edited.jpg
300 SERIES SHINKANSEN

-NOZOMI-

300系新幹線 スペシャルサイト

1. 300系とは?

300 (35).jpg

JR東海300系は平成4年(1992)に登場した新幹線電車です。アルミ合金車体の採用による軽量化、優れた空力特性を備えた車体形状のほか、新幹線として初めてボルスタレス台車、VVVFインバータ制御、回生ブレーキなど多くの技術が盛り込まれ、最高運転速度270km/hを実現しました。それまで220km/hであった東海道新幹線の最高速度を50km/hも引き上げ、東京~新大阪間を最速2時間30分で結ぶ新種別「のぞみ」としてデビューを飾り、「のぞみ形車両」と称されました。その後パンタグラフ周りに改良が施され、乗り心地や騒音の改善とともに外観もよりスマートな姿へと進化しました。
500系・700系の登場により「のぞみ」運用を退いた後も「ひかり」「こだま」として活躍を続け、持ち前の性能を活かして同列車の高速化に貢献しました。最後まで短編成化されることなく16両編成を貫き、初代「のぞみ」の貫禄を残したまま、平成24年(2012)3月のダイヤ改正をもって勇退しました。

 

2. のぞみ HISTORY

5W0A5522 のコピー.jpg

300系「のぞみ」の登場から30年、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」は500系、700系、N700系、N700A、そして最新形式のN700Sと進化を
遂げてきました。Nゲージ鉄道模型で、その進化の軌跡をたどることができます。300系とN700Sの共演も楽しいでしょう。

NOZOMI300.jpg
 

3. 製品紹介

5W0A6336.JPG
10-1766
¥46,530(税込)
300系 0番台 新幹線「のぞみ」 16両セット
28-227
¥5,280(税込)
300系用動力装置【ホビーセンターカトー製品】

●プロトタイプは2010年頃の東京第二車両所所属の3次車。側面ドアが引戸式で、パンタグラフ1基削減、シングルアームパンタグラフへの換装後の姿を再現
●シンプルながら印象的な前頭部形状、空力を意識した低い車高のフォルムを的確に再現
●前面ガラスはスモークのかかった外観を再現、編成番号印刷済
●新開発のスロットレスモーター採用で、さらにスムースかつ静粛な走行性を実現
●ヘッドライト/テールライト点灯、電球色LED採用
●行先表示シール付属
●「AMBITIOUS JAPAN!」ロゴを付属シールに収録、お好みで貼付可能
●屋根上の号車番号・警戒線を付属のレタリングシートで再現可能
●DCCフレンドリー
●付属品:行先表示シール、AMBITIOUS JAPANシール、屋根上号車表記レタリングシート

【300系用動力装置】
~2モーター用トラクションタイヤなし動力台車装備~
●2モーター化が可能な動力装置(トラクションタイヤなし)が発売決定。
●本製品の組み込みは8号車(315-20)を推奨いたします。
●座席形状と窓配置は合致しませんが、9号車(319-20)にも取り付け可能です。
そのほかの中間車にはツメ形状が異なるため、取り付けられません。

 
 

4. REPORT

左右のヘッドライトケースの中に配置された
各2個の電球がそれぞれ点灯する様子を再現した
300系。

実車さながらの表情を150分の1のスケールで
​お楽しみいただけます。

5W0A6232.JPG
5W0A6243.JPG

細い帯が太い帯の上に配置されているのが300系独特のデザイン。先頭形状を模した始端部のデザインを印刷で美しく再現。

 

5. サウンドへの誘い

元祖「のぞみ」として名高い300系新幹線を音とともに楽しむ!サウンドボックス用サウンドカードの発売も決定。
GTOサイリスタ磁励音を再現。旧のぞみチャイムや、AMBITIOUS JAPAN!を収録!
300系新幹線は、日本初となる時速270kmでの運転を可能にしたほか、多くの技術が盛り込まれた車両です。
300系新幹線を臨場感あるサウンドと共にお楽しみいただけます。

22-242-6
サウンドカード 〈300系新幹線〉
¥3,630(税込)
22-102
サウンドボックス(サウンドカード別売)
¥27,500(税込)
サウンドボックス(サウンドカード別売)斜.jpg

試聴はこちら

All rights reserved. 1998-2022株式会社カトー / 株式会社関水金属